葬儀の話〜おくりびと女子がおくります〜

葬儀アドバイザー。お金をかけずに心を込めて葬儀をする方法。葬祭ディレクター1級。

さくらの日~花びら舞う時~ 葬儀日記

大切な、おばあさまのお葬儀。



9○年目のさくらの季節

みんなでお花見がしたかった。

そんな言葉を聞いたから、
さくらを見せたいと思いました。

かといって、キレイに咲き始めた桜を採るのは可哀想だな。落ちてないかな。

と、

探し回ったら、ありました。

川沿いに一本だけ、きれいにヒラヒラ散っているピンクの木。

おかげで、みんなでお花見することが叶いました。

ただ桜をプレゼントしたかったんじゃない。

できなかったこと、を、
出来た!に変えること。

最期の望みが叶う(叶えようと思う)とき、
人の優しい顔が見れるとき、
もっと、この世界が好きになります。

そして時間は止まるのではなく繋がっていくものだと思うのです。


↓川沿いで拾ったりキャッチしたりして集めた桜
f:id:near5rome:20170406141438j:plain



進んだり 止まったと思ったら動き始めたり 戻ったり 回ったり

重なったりしながら

繋がり続けてくのでしょう。